読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シトワイヤン、行こう!カナダへ

宝塚歌劇を愛しながらカナダへ留学する人のブログです。

語学学校2週間が終わり

語学学校の話です。

私は初日のレベルチェックテストで

あなたは6段階中のレベル5のクラスよ!と言われたにも関わらず、

予想外に高いところに分類された事実にびびってしまって

「自信ないので文法5、読み書き4、会話4が良いです…」と申し出て、

最初の1週間はそれぞれのレベルのクラスに参加していました。

 

結果、文法のクラスはとても良かったのですが、

読み書きと会話のクラスの雰囲気に全然馴染めなくて、

2週目(今週)から結局すべてレベル5のクラスに変えてもらいました。

4のクラスも先生は悪くなかったし授業内容も大丈夫だったのですが、

クラスメイトがまずかった。

20歳前後、ともすれば10代の子も割といるので

仕方ないと言えば仕方ないのですが、さながら高校の休み時間のようなノリで、

お調子者の男子が大声でフザけて女子がキャハハハ〜と笑う、といった具合で、

とてもじゃないけど仲良くやっていけそうにありませんでした。

レベル変更したところでクラスの雰囲気が良くなる保証はないけれど、

最悪どの道馴染めないのなら、せめてレベルの高いクラスに所属したい。

と思って変更を申し出ました。

 

蓋を開けてみればレベル5は文法・読み書き・会話

すべてのクラスが少人数(多くて8人くらい)で和気藹々としてとても快適で、

 

今は日本人・韓国人・独特のタイミングで歌い出すサウジアラビア人と

一緒に楽しく勉強しています。

サウジアラビア人、今日から断食が始まって辛そうだった。)

 

まだ学校に飽きてはいないのでどの授業も新鮮な気持ちで受けているのですが、

特に読み書きの授業で自分の作文にネイティブチェックを

入れてもらえるのがありがたいです。

私は4技能の中でライティングが一番苦手なので

課題作文をこなすのは苦労しているのですが、

そもそも英作文は京都で英会話を習っている時には一切無かった項目なので、

良い機会だと思って取り組んでいます。いや、結構しんどいけどな。

やっぱり冠詞とか語尾を複数形にするのとかが抜けまくりますね。

他の人の作文を見ても同じような感じなので、

これは皆共通の弱点なのかもしれません。

頑張るぞ〜。

闇の中から

昨日はとても風の強い日でした。

そんな中、私は(こちらでは珍しい)薄切り肉が

売っているスーパーの情報を得たので、

乗ったことのなかった路線のバスを使ってスーパーへ行き、

無事に薄切り豚肉を買ったものの帰りにバス停を見失って迷子になり、

疲れ果てて家に帰って来たりしていました。

 

そして夜8時頃だったでしょうか、

夕飯を食べている途中で、家のwi-fiが使えないことに気づきました。

パソコンの充電もできていない。

まだ外は明るいので必要ではなかったのですが、

試しにキッチンの電気も触ってみたところ、点きませんでした。

…あれ?

でも私はすぐに思いました。

「あ、これはさっき私とメキシコ人(シェアメイト)が音楽を流しながら

IHのコンロを3つ同時に使いながら電子レンジも使っていたことが原因だな。」と。

要はブレーカーが落ちたのでしょう。

でもメキシコ人たちは「電気使えなくなっちゃったね。何かあったのかな。」

とだけ言って、特に誰も何もしようとせず自室に帰ってしまいました。

 

何かあったって、ブレーカーが落ちたんじゃないの…?

と思いつつ、でもカナダの住宅システムなんて分からないので

私にはどうしようもありません。

しかも昨日はインターネットでの調べ物が必要な宿題も出ていました。

「ね、とりあえず宿題したいんだけど、どうすればいいかね?」と

メキシコ人に聞いたみたところ、

「スタバへ行けばwi-fiが使えるかも…?」という返答だったので、

「なるほどスタバか、ありがとう行ってくるわ!」と言い残し、

パソコンを背負って近所のスタバまで歩いて行きました。

が、

 

ス タ バ 閉 ま っ て る。

 

営業時間は夜9時半までになってるのになんでもう閉まってるの!?

電気もwi-fiも使えなかったら私何もできないじゃない!!!!

絶望の表情を湛えて日が沈みつつある住宅街を家までUターンしている時、

カナダへ来て初めて「日本が恋しいな、帰りたいな」

という気持ちが湧きました。

 

帰宅後、まぁでも他のシェアメイト達はなぜかのほほんとしているし、

いつ誰が復旧させてくれるのか全然分からないけど、仕方ないのかな…

今日は早く寝ようかな…と諦めかけたその時、私はある物を思い出しました。

 

さっき冷凍庫に入れた薄切り豚肉!!!!!!!!

 

待ってやっぱり絶対ダメだわ。

迷子になってまで買いに行ったんだよ、あの肉が腐るとか許せないわ。

わたし豚は諦められないわ。

今すぐ電気を復旧させるべきだわ。よしメキシコ人に直談判!

 

というわけで、自室に戻ったメキシコ人たちを大声で呼び、

「いま電気使えないじゃない?ねえ?

私これ(家の)オーナーにすぐ連絡するべきだと思うんだけど、どう?どう??」

と力説しました。

すると彼らは優しくこう言いました。

「今日は風が強いでしょう。だから街の何かが壊れたんだと思うよ。

数ヶ月前にも風の強い日に同じようなことがあったもの。

近所のスーパーも、早くに閉まってたからね。数時間で直るんじゃないかな。」

 

ここで初めて私は、電気が使えない原因が家のブレーカーではなく、

街の停電であることを知りました。(だからスタバも閉まってたんだ。)

原因が分かったことと、復旧のメドは立つという事実に大層安心し、

「あぁなるほど、分かった、よかった、安心した、ありがとうね…」と言って

メキシコ人と別れました。

彼らは「暗くならないうちにシャワー浴びた方が良いよ!」とも言ってくれました。

 

本当にホッとして、なんだか気が抜けてしまって、

そうだな、シャワーを済ませた方が良いよな、と思って、

いつも通り(今日はお湯の出ない)シャワーを頭から被りました。

 

ドライヤーが使えないことに気づいたのは、その後でした。

 

しばらく濡れた髪で途方に暮れることになったので、

1時間ほどして「ピピッ」という機械類の充電が始まる音が聞こえた時は、

嬉しさのあまり「わぁ!」と声を出してしまいました。

 

風が強いと停電になることがたまにあるようです。気をつけましょう。

ファントムさんに会いたい

 宝塚にハマってから、私は見たいミュージカルに対して

一切の労力を惜しまなくなりました。

月組アーサー王伝説が見たいなぁ、でもドラマシティのチケットは

難しいだろうなぁ…と思えば東京のチケットを確保して遠征し、

DVDを見てボロ泣きした星逢一夜が中日劇場で再演されると聞けば、

職場のヅカオタの方まで巻き込んで名古屋へ行きました。

東宝の1789がとっっっても良くてどーーーーーしてももう1回見たい!

と思って朝6時半から当日券に並んだこともあるし、

前売りで完敗したお花様エリザは、

チケットオフィスにそれはそれは粘り強く電話を掛け続けて

当日券をゲットしました。

 

これ!と決めたらあらゆる手を尽くしてそれを獲りに行く、

他のことは後から考える、という性格のようです。

 

そんな私が今ビクトリアにいます。

こちらにいる間に何か良いミュージカルがあれば、

是非ぜひ見に行きたいなぁと思って、渡航前から

「Victoria musical」とか「Vancouver musical 2017」とかのワードで

ちょこちょこと検索をしていました。

バンクーバーなら頑張れば日帰りで行ける距離なので。)

そうしましたところ、ブロードウェイのオペラ座の怪人

北米ツアー中であるという情報を入手しました。

これこれ↓

https://ustour.thephantomoftheopera.com

7月にバンクーバーにやって来るそうです。

 

…7月だったら、私まだ全然ビクトリアにいるわ。

ニューヨークに行かなくても、ブロードウェイが対岸(バンクーバー)まで

来てくれるんでしょ?…これは見に行くしかないでしょう!!!!!

 

ということで、チケットを1枚買いました。ふふ。

カナダのticketmasterで取りましたよ↓

https://www.ticketmaster.ca

もちろん購入過程は全部英語ですが、

普段からチケットを取り慣れている者にとっては、

必要とされる情報は日本と同じようなものだなぁという感じです。

自分の住所(郵便番号含む)とクレジットカードを手元に用意して挑みましょう。

先にアカウントを作ってからチケット検索や購入手続きをすると

スムーズだと思います。

(私は日付も席もバッチリ選んでからアカウント作る羽目になって慌てたので…。)

「席を仮押さえすると、それ以後のページは5分以内に入力を終えて

どんどん進んでいかないと、おじゃんになりまっせ」

みたいなメッセージが出て、ページ右下にもご丁寧に

時限爆弾みたいなカウントダウンが表示されるので非常に焦りました。

しかしお金が絡むので、素早くでも確実に!の精神で

英語のリーディングと情報入力を行いました。

 

手数料がかかってしまったけれど、

多分もっと賢い買い方はいくらでもあると思うけれど、

当日券でも普通に買えるのかもしれないけれど、いいんです。

海外のミュージカルのチケットをネットから自力で買えたことに意味がある。

大劇場なら1階A席ってとこかな?くらいのチケットを、

諸々込み込みで(日本円なら)1万円ちょいで買いました。

…買えてるはず。うん。

 

ここまで勢いだけで突っ走ったので、

この後私がやるべきことは、チケットを印刷(print at home)するために

プリンターが使える場所を探すことと、

バンクーバーまでの行き方並びに劇場がどこにあるのかを

調べることです。

劇場がどこにあるのか知らないのにチケット取るってヤバいよね、

と思いましたが、そういえばアーサー王伝説の時も文京シビックホール

どこにあるのか全く知らなかったので、似たようなものです。

 

とにかくこれで、私の7月のバンクーバー小旅行が決まりました!

オペラ座の怪人劇団四季で一度見たことがありますが、

確かファントムとはまた全然ストーリー違いますよね。

予習するぞ〜。

ビクトリアでおのぼりさん

ビクトリアへ来て1週間が経ちました。

初めての週末は、同じ日に語学学校に入学した日本人女性と、

その方と同じお家にホームステイしている

これまた日本人女性(2日前にカナダへ来たばかり!)の3人で、

ダウンタウンを訪れました。

3人が3人揃って街のことをまだ何一つ分かっていないので、

本日の目標は「ビクトリアという街を見ること」です。

 

お2人のステイ先の方(他の留学生か、ホストファミリーか)からの情報で、

お昼ご飯は「bin4 BURGER LOUNGE」というお店で

ハンバーガーを食べました。

f:id:pitablog:20170522121933j:plain

バンズが上と下に分かれて登場しました。

ハンバーガーをハンバーガー然とさせる最後の一手間は自分でやれ」

というスタイルのようです。

パティがとても肉々としていて美味しかったです。

小食の私には明らかに量が多かったのですが、

自炊生活だと安い野菜や果物ばかり買ってしまいがちなので、

肉は…肉は食べておかねば…!という妙な使命感から、

肉だけは完食するという、金持ちのバカ息子のような食べ方をしてしまいました。

 

食事の後は手っ取り早く観光をするため、

街中の見所をぐるっと回ってくれる観光周遊バスに乗りました。

f:id:pitablog:20170522122814j:plain

イギリスとかでよく見るイメージのある、屋根の無いバスです。

上の画像は、バスから撮った風景です。

ダウンタウンを出発し、チャイナタウン、フィッシャーマンズワーフ、

オークベイなどを見学しました。

やっぱり綺麗な街ですね。これで回った所を今後少しずつ訪れてみたいです。

 

最後に、その辺にあったコーヒーショップに入りました。

f:id:pitablog:20170522123230j:plain

カフェラテを注文しました。作者曰く、「cat」とのことです。

お茶しながら、3人で色々とお喋りしました。

皆それぞれに考えを持って遥々海を越えて来ていて、面白いですね。

私は「食事だけは譲れない、食事は自分のペースで好きな物を食べたい!」

という一心でシェアハウスを選びましたが、

今日のうち1人は「食事は何であってもどんな量でも我慢できるけど、

通学のために毎日バスに長時間乗るのだけは我慢できない!」と言っていて、

人によって生活する上で引っかかる箇所って違うんだなぁと思いました。

 

同じ日本人同士、今後も助け合っていきましょう。という感じです。

己を信じてバスを降りる

ビクトリアには電車がありません(!)。

その代わり、バスが街中をくまなく走っています。

 

車に乗らない人にとってはバスは生活に欠かせないもので、

私も通学に毎日バスを使っています。

85ドルで1ヶ月乗り放題のバスパスが買えるのですが、

これが「買った日から1ヶ月」ではなく、「毎月1日〜31日」と

決まっているらしく、5月13日に到着した私は

「今バスパスを買うと損だから」と言われ、

今月は回数券を毎日ちまちまと千切って運転手さんに渡しています。

面倒くさい。早く6月になあれ。

 

ビクトリアのバス車内には、

バス停の名前を言うアナウンスや電光掲示板の類が一切ありません。

いま走っている道の名前だけは何故か機械の声がボソボソっと言ってくれるのですが、

基本的には自分で窓の外の景色を見て、降りる所に来たら停車ボタンを押す、

もしくは車内の紐を引っ張る(これも謎ですがもう紐を引っ張るとしか

言いようがない。)というシステムです。

 

語学学校ヘは毎日シェアハウスのメキシコ人の女の子と一緒に行っているので、

往路は多少ボーッとしていても大丈夫です。

最悪寝ていても着いたら彼女が起こしてくれると思います。

問題は復路です。

帰りの時間は各々異なるので、一人でバスに乗らなければなりません。

 

ところで、私のシェアハウスは閑静な住宅街の中にあります。

こちらの住宅街というのは、路肩やお家のお庭には全て芝生が、

バスが通る道路沿いには綺麗な並木道が続いています。

想像してみてください。

どのお家もガーデニングがとても綺麗で、色とりどりのお花が飾られています。

そんな風景がどこまでもどこまでも続いています。

大変美しい。目の保養になる。

大変美しい、どこまでも続く、同じ光景…

 

 

…いや、

どこで降りたらええか分からへんやないか!!!!!

 

 

ほぉっ…と眺めている分には美しくて結構なのですが、

これといった目印が少ないんですよね。

一つだけバッチバチに汚い家とかあれば分かりやすいのですが、

まぁ、ないです。素晴らしいことです。

 

学校から家まで大体何分くらいで着くかというのは知っているので、

もうバスに乗り込んだら毎回車窓がよく見える席をキープして、

試験官の如く何度も時計を見て、

その時間が近づいてきたらソワソワして、

家の近所のスーパーの屋根が運転席前方にチラッ見えてきたら

「……はいーーーっ!」

みたいな感じでボタンを押して(もしくは紐を引っ張って)降りています。

毎日が真剣勝負です。

 

初めて行く場所とか、どうすりゃいいんだよ、と思います。

まだ特にどこへも行ったことがないけれど。

 

でも、住宅街は本当に綺麗です。

他人の家なので写真を撮るのはなかなか憚られますが、

皆様に見せて差し上げたいくらいです。

バス初心者泣かせだけども。