シトワイヤン、行こう!カナダへ

宝塚歌劇を愛しながらカナダへ留学する人のブログです。

気づけば2ヶ月

↓この記事を書いてから1ヶ月経ったようです。早い。

pitablog.hatenablog.com

この時期のカナダは梅雨入り→梅雨明け→猛暑みたいな

激しい気候の変化も無いので、毎日淡々と生きているだけでは

時の流れを感じ難いのですが、それでも、ビクトリアに到着した翌日に

右も左も分からない状態でドラッグストアへ行ってなんとか

購入したシャンプーやリンスが空になったりすると、

あ、それなりの時間が過ぎたのだな、と気づかされます。

 

留学期間は6ヶ月と決まっているので、

毎月こうして振り返りの記事を書くと良いかもしれないですね。

(来月も書くという保証はありませんが…。)

 

この1ヶ月も引き続き、心身ともに大きな不調をきたすことは

なかったです。ありがたい。

ただ、段々と着実に生活の新鮮味が薄れてきているな…という感じはします。

国内であれ、海外であれ、同じ場所にしばらく住み続ければ

慣れてくるのは当たり前かと思いますが、

これが今後「もう飽きた」からの「日本に帰りたい」からの

「ホームシック」にシフトしていかないことを願うばかりです。

でも逆に言えば、出発前はまるで想像が付かなかった異国の地での

生活に今やすっかり馴染めているということでもあるので、

これはこれでポジティブな変化と捉えることもできそうです。

物は言い様です。

 

生活サイクルへの物足りなさについては以前にも言及していたので、

この1ヶ月で変化を付けるべくちょっと自分から動いてみたりして、

実際に変化も付きつつあるのですが、

まだブログに書き記すには早い気がするので寝かせておきます。

(寝かせているうちに蒸発して消える可能性もあります。)

 

 

そんな私のぼんやりとした生活に大きな衝撃を与えたのが、

11月〜12月の雪組公演の先行画像です。

皆さんご覧になりましたか?

だいもんさん格好良すぎませんか????

あんなに格好良いロベスピエールなら

民衆も永遠に言うこと聞くんじゃないですか????

真彩ちゃんは可愛らしい感じでくるのかなと思っていたら、

意外と強そうな顔つきの女性像ですね。それもまた良い。

やっぱりフランス物は衣装や小道具がそそりますねぇ。

これからどんどん情報が更新されていくでしょう、めっちゃ楽しみです。

もう写真一枚のビジュアルだけで満足してしまっているので、

最悪ストーリーがさっぱりでも大丈夫です。

この美しい閣下を眺められるのなら、私は他に何も要らない。

 

早く日本に帰りたい、とは思っていないけれど、

早く11月になってほしい、とは思います。

広告を非表示にする