シトワイヤン、行こう!カナダへ

宝塚歌劇を愛しながらカナダへ留学する人のブログです。

クレイダーロック城

ダウンタウンからバスで10分ほど、徒歩でも25分くらいの位置に、

クレイダーロック城という建物があります。

「城」とは言うものの、実際はイギリスの大富豪が築いた個人のお屋敷。

大きさも、城と呼ぶには小さいよ…という印象でした。

f:id:pitablog:20170605070938j:plain

入場料が大人14.25ドルで、結構しっかり取るねぇ…と思ったのですが、

語学学校の学生証を見せたら学生料金9.25ドルでいけました。やったね。

 

城内はイギリスの上流階級の人々の生活風景が再現されていて、

それを順番に見て回る形になっています。

イギリスの上流階級と聞くと、どうしてもパーシバルさんとこのブレイクニー家や

ウィリアムさんとこのヘアフォード家を思ってしまいますね。

ヘアフォード家の皆さんはこんな大富豪が建てた豪邸、

成金が!と鼻で笑ってしまわれるのだろうか…。

 

訪れた時間帯のせいで、どれも逆光になってしまっていてアレなのですが、

雰囲気が伝わればという思いで写真を載せます。

f:id:pitablog:20170605072058j:plain

ピアノとか燭台とか、いかにもですね。

「♪私が見たのはただの農夫、手下の一人じゃないかしら?」

とかって、こういう所でお喋りしていたのだろうか。

 

f:id:pitablog:20170605072216j:plain

上流階級のお家にはビリヤード台があるのです。

そして横のテーブルにはアフタヌーンティーの準備がされている

(写真ではよく見えないけれど)。

なんかビルとか、ビリヤード上手そうだな。

 

f:id:pitablog:20170605072444j:plain

何のお部屋か失念してしまったけれど、可愛い、可愛い。

 

f:id:pitablog:20170605072844j:plain

喫煙室とのこと。

この部屋はジョン卿にお似合いかな。

 

f:id:pitablog:20170605073021j:plain

Breakfast roomだそうです。

これが「食堂」じゃなくて「朝ごはん部屋」なのが凄い。

夜もここで十分な気がするけどな。だめなのかな。

 

f:id:pitablog:20170605073241j:plain

凄くふてぶてしい子供の写真もありました。

大富豪の血筋だからこそ許されるポージング、という感じがする。

 

小ぢんまりとしたお城の割に、けっこう見応えがありました。

パーシーがここで…ビルが…など想像しながら見ると楽しさ倍増です。