読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シトワイヤン、行こう!カナダへ

宝塚歌劇を愛しながらカナダへ留学する人のブログです。

シトワイヤン、着いたぞ!カナダに

というわけで、無事にビクトリアに到着しました。

 

伊丹→羽田→バンクーバー→ビクトリアという、

地味に面倒な経路での乗り継ぎもなんとか上手くいきました。

ただ乗り継ぎ時間がどちらもカツカツだったので、

せっかくの羽田もバンクーバーも、

空港を楽しむ余裕は全くありませんでした。残念。

 

空港送迎を申し込んでおいたので、

ビクトリア空港のロビーに降り立つやいなや、

私の名前入りの引くほど大きいポスターを掲げた陽気なおばさんとご対面。

(あれは横断幕に近かった気も…。)

車でシェアハウスまで連れてきてもらいました。

 

シェアハウスに住んでいるのは同じ語学学校に通う人達。

まだ全員(私の他に6〜7人いる…?)と会ってすらいないし、

生活システムも家電の使い方も分からないことだらけですが、

「俺たち仲間だぜ!」感を強要される雰囲気ではなさそうなので、

少しホッとしました。

「他人のプライバシーを尊重すること」というルールが設けられているので、

各々が互いに干渉せず、好きなように暮らしている印象です。

もちろん分からないことは(英語で)質問したら誰かしらが教えてくれます。

まだ到着して丸1日しか経っていない

(しかもそのうち約12時間は1人部屋のベッドで寝ていた)ので、

これから色々見えてくることと思います。

 

スーパーに買い出しに行きがてら家の周辺を歩いてみましたが、

どのお家も本当に草花が多くて、綺麗にお庭のお手入れがされていて、

ビクトリアが「ガーデンシティ」と呼ばれる所以が分かった気がしました。

まだカナダでの買い物自体に慣れていないので、

お店では「洗顔フォームはどこですか」「どの硬貨出したらいいんですか」等

アホみたいな質問を「help me!」の瞳と共に繰り返しているのですが、

今の所どの店員さんも丁寧に教えてくださるので助かっています。

なんとなく、優しい街だなぁという印象を肌で感じました。

 

目下、食糧と生活用具を揃えて環境を整えるのに必死な状態なので、

また余裕が出てきたら街の写真なども載せられれば…と思います。

 

明日から語学学校が始まります。どうなることやら。