読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シトワイヤン、行こう!カナダへ

宝塚歌劇を愛しながらカナダへ留学する人のブログです。

まだ見ぬカナダの薬よ…

盛大に風邪をひきました。咳が止まりません。

残り少ない英語のレッスンも、仕事も休んでしまいました…あぁ…。

とはいえ、花粉症戦争の終盤に大きく体調を崩すのは

割と毎年のお決まりなので、今年もまた来てしまったか…という感じです。

 

市販薬では太刀打ちできないほどこじらせてしまったので、

ちゃんと病院へ行って薬をもらって安静にしております。

しかし留学準備を進めているこの時期に風邪をひくと、

やはり「カナダへ行ってから体調を崩したらどうしよう」

という不安が頭をよぎります。

もちろん常備薬はきちんと準備して日本から持って行くのですが、

それが無くなってしまったら、とか、

「向こうの風邪はウイルスが違うから日本の薬が効かない」

みたいなネットの情報を見ると、

切羽詰まる前にカナダの市販薬のことも調べておいたほうが良いのでは…

という気持ちになってきます。

 

全部の予定をキャンセルしてただ家で咳き込んでいるだけ、

というのも癪なので、カナダの市販薬についてぼちぼち調べてみました。

解熱鎮痛薬としてはタイレノールとアドビル、

咳止めには謎の紫色のドロっとしたシロップが有名だということが分かりました。

基本的に欧米の薬は日本の薬より強いので、

比較的小柄な日本人が飲む際には、量を減らしたり、

胃薬も併用したりといった配慮をした方が良さげですね。

 

ただ一方で、強いだけあって効果はてきめんのようで、

それを見るとちょっと、試してみたい気もします。

私は自然派志向とは無縁で、ビバ西洋医学!アイラブ薬!みたいな所があり、

普段から少し体調を崩すと何の躊躇もなく薬を飲む上、即効性を求めるので、

一発で咳が止まるのなら、さっきの謎の紫色どろどろシロップも

飲んでみたいなぁと思います。

というか、いま現在咳が止まらないので、いま飲みたい。紫色。

 

もちろん元気で過ごせることが一番なのですが、

カナダにも効きそうな薬があると分かると、少し安心できますね。