読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シトワイヤン、行こう!カナダへ

宝塚歌劇を愛しながらカナダへ留学する人のブログです。

留学のため、これまでにした準備

留学準備

3月に入りました。

つい先日、「留学行くって言ってもまだ半年先の話だよ〜ははは〜」

と言っていたのに、気づけばもう3月に入っています。早。

 

自分で一旦整理する意味を込めて、

これまでにした準備をまとめてみたいと思います。

ただ、退職に伴う諸々の都合もあって、そして私の性格もあって、

割と早い段階から用意周到に事を進めているので、

実際出発3ヶ月前の段階でここまで完了している必要はないと思います。

留学カウンセリングの方にも

「ぴたさんは本当に早くから着々と準備を進めてくださって…」と

10回ぐらい言われました。性格が出るね〜。

では。

 

◇語学学校◇

語学留学するのだから、学校を決めないことには。です。

と言っても、ビクトリアには無数に語学学校があるわけではないようで、

そして私が通う英会話スクールと契約されているビクトリアの学校は

ほんの数校しかなかったようで、あまり選択肢はありませんでした。

学校の良し悪しは行ってみないことには何とも…なので、

まぁ、行ってからのお楽しみということで。

週5日、9時から15時くらいまで授業があるコースを申し込みました。

英語漬け。

 

◇滞在先◇

語学学校を申し込む時に一緒に滞在先も予約しました。

シェアハウスです。

留学の際はまずはホームステイ、慣れてきたらシェアハウス。

というパターンが多いらしいのですが、初っ端からシェアハウスでいきます。

一番の理由は食事です。私は小食な上に食べるスピードが遅い。

以前に1週間ほどホームステイを体験したことがあるのですが、

ホストファミリー達と食事の量やペースが全っっっ然合わなくて、

毎回「給食が食べ終わらなくて教室に残されている子」状態になっていました。

もちろん「量を少なく」という申し出はしましたし、マザーも応えてくれましたし、

ファミリーも「ゆっくり食べてね」と優しく言ってくれたのですが、

もう、なんか、それでカバーできる程度の問題ではなかったんですよ。

だから今回は「自分の食事は自分で管理する」という点に主眼を置いて、

自炊ができるシェアハウスを選びました。

絶対他の面でまた問題は出てくると思うのですが、

同じことで二度苦しむよりは良いかなと思いまして。

吉と出るか、凶と出るか、シェアハウス。

 

◇航空券◇

私はビザ無しで滞在するので、入国時に復路の航空券も持っている必要があります。

1年間有効の往復航空券を購入しました。

関西→羽田→バンクーバー→ビクトリア(復路は逆)

という経路で行きます。ANAです。

時期によっては関空バンクーバーの直行便があるようなのですが、

私の出発&帰国日が狙いすましたようにその期間外で…。

少々面倒ですが2回乗り継ぎです。仕方ないね。

ちなみに、私は日本の航空会社の方が何かと安心かなと思って

選ばなかったのですが、上記の羽田をマニラにする経路を取れば、

料金が少し抑えられるらしいです。フィリピン経由。

 

eTA申請◇

「電子渡航認証」といって、ビザ無しでカナダに入国する人は

事前にこれを申請しておかなければなりません。

詳しくはこちら→ http://www.cic.gc.ca/english/visit/eta-start-ja.asp

ネットで申請できて、費用は7カナダドル

申請フォームの記入方法を日本語で解説したサイトもあるので、

そこまで難しいものではないと思います。が、なんか知らんけど緊張する。

自分のメールボックスに申請完了の通知が来た時はホッとしました。

そしてeTAのことをすっかり忘れた頃になったある日、

クレジットカードの請求欄に謎の英語の人が現れて、しばらく悩みました。

「CITIZEN&IMM…」と書いてあったので、

シチズン…?時計…?わたし時計買ってないよ…?とか考えてました。

本当に。バカ。

 

◇キャッシュパスポート◇

滞在中のお金の管理方法についてですが、

私はキャッシュパスポートに申し込んでカードを作りました。

詳しくはこちら→ http://www.jpcashpassport.jp

日本にいる間にキャッシュパスポートの指定口座にお金を振り込んでおけば、

カードを使って向こうのATMから現金が引き出せる。

マスターカードも付いてるので、お店でクレジットカードのように

使うこともできる。というものです。

他にもマネパカードとか、色々なブランドがあるようです。

 

宝塚歌劇視聴環境の確保◇

これ大事〜。

PCを使って視聴するとか、ポータブルDVDプレーヤーを買うとか、

色々な方法があると思いますが、留学していると心がくじけそうな時、

何もかも上手くいかなくて泣いてしまいそうになる時が必ず来ると思います。

そんなときは、

「どんな壁もどんな崖もひとっ飛びさ」と励ましてくれるラスティーが、

「ためらわずに進めよ、疑わずにいけよ」と喝を入れてくれるパーシーが、

絶対に必要。心の拠り所はちゃんと確保しておきましょう。

私はPCがあればとりあえず大丈夫かな、という感じに整えました。

 

以上、ざっくりまとめました。

細々とした持ち物の準備はまだ全然していませんが、まだ大丈夫でしょう。

あ、でも一番の準備は英語学習です。おぅ…。