読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シトワイヤン、行こう!カナダへ

宝塚歌劇を愛しながらカナダへ留学する人のブログです。

中日劇場 雪組公演『星逢一夜』『greatest HITS!』

言おうかな、言うまいか、お前が好き〜♪

(ソレ ソレ ソレ ソレ!)

 

再演の星逢一夜見たさに名古屋へ行ってしまいました。

日帰りです。高速バスで2時間半です。近い近い。

 

星逢の大劇場公演は見に行っていないのですが、

(その頃はまだ「だいもんさん」も知らなかったので…)

後になってDVDで見て、

見れば見るほど切ない物語に感情移入して泣きスポットが増えていき、

しまいには冒頭の無言で踊っているシーンを見るだけで涙ぐむという

とんだパブロフの犬状態になるほど大好きな作品だったので、

この度再演すると聞いて喜び勇んで見に行きました。

 

結果、実際に生の舞台で見ると

「涙ぐむ」だけでは済まず大泣きしてしまいました。

以下、書きたいシーンだけ殴り書きしていきます。

(完全に源太を贔屓しています。)

 

あとの展開を知っている側からすると、

「日本一の櫓を作ろ!」と歌っている時点で

その無邪気さがちょっと切なくなってきますね。

 

七夕祭りのシーンでは銀橋が無い代わりに客席降りがあって嬉しかったです。

笹を持っただいもんさんに目を見て「お前が好き〜♪」と歌われた人は

無事なのでしょうか。私なら以降の記憶を喪失する自信があります。

 

祭りの夜の土下座のシーンではウルッときます。

土下座自体も胸に迫るものはあるのですが、それより

物凄く間の悪いタイミングで晴興と泉に出くわしてしまった源太が、

泉を晴興に差し出す前に、泉に向ける、あの、微笑み。

あんなに優しくて悲しい微笑みを、私は知らない。

そもそも、お母ちゃんは「小心者だ」とか言ってますけど

源太は泉が晴興のことをずっと想っていることを分かっていたからこそ、

なかなか求婚しなかったのです。

晴興の結婚が決まったから、いよいよ、となったタイミングで、

あの微笑みからの土下座。

はぁ…。

 

母になってからの咲妃みゆちゃん、とても良いですね。

もちろん子供時代も可愛いけれど、あのくたびれ具合というか、

「苦労も多いし質素だけれど芯のある女性」を感じさせる歌声が良い。

 

水飴の件で泉の口から「ケン坊」の名前が出てきた瞬間の、

源太の表情の変化は見逃すまい、とオペラグラスで凝視しました。

雨の中での「子供らを見とれと言うたやろうが」も大好きです。

 

完全に涙腺が崩壊したのは、

一揆の時の源太のセリフ「俺たちは星を見る!」です。

「星を見る」は子供のころ晴興から教えてもらったことなのに、

それを掲げながら晴興に命懸けの戦いを挑むという、

苦しすぎる矛盾。逆らえない運命。

この辺でもう頬に涙が伝いまくっていたのですが、

私は晴興と源太が背中合わせで対峙するシーンの2人の表情も

オペラで見なければならないので、

でも涙で濡れた目にオペラを当てるとオペラも濡れて、

本当に、どうしてくれるんだ。

 

初演と再演で一番変わっていたのは晴興の故郷・仲間への想い、

そこからくる幕府への姿勢…だったはず。

これは今回の再演版の結末の方が自然な流れのように感じて、

しっくりきました。

 

DVDで見ていた時から何度も言っていますが、

全てが終わった後にもう一度子供時代のシーンを持ってくるのは反則です。

あそこで紀之介に「星、きれいじゃのー」と言われたら、

そりゃあ会場のあちこちからすすり泣きも聞こえてきますよ。

 

あぁ…最高であった…。

帰宅してすぐにDVDを見直しました。

星逢一夜の凄い所は、

悲しくて切なくて誰も幸せにならない物語なのに、

この上なく美しくてまた何度でも見たくなる所だと思います。

カナダでも見よう。できれば7月7日に見よっと。

 

 

長くなってきたのでGreatest HITS!はめちゃくちゃ手短にまとめますが、

お芝居とは打って変わって明るくとっても楽しかったです。

マンボの所は悪ふざけかと(失礼)、

いま私は一生分の光を見ているのかなと思うほどキラッキラで、

でもその光量に負けていないちぎさんの笑顔を見て、

トップスターは凄いなと思いました。

1階席後方で見ていたのですが、

雪組の皆さんがどんどん客席に降りて来てくれるのが嬉しくて嬉しくて。

地方公演の醍醐味はこれだな〜〜〜と思いました。

 

話は尽きませんが、この辺にしたいと思います。

 

 

さ、もう一度星逢のDVDを見よう。